FC2ブログ
スポンサー
google ad
全記事表示リンク
相互RSS
アクセス
Flag Counter

Flag Counter
4月の世界戦予定
4/3ウズベキスタン・タシケント
WBA・IBF統一スーパーバンタム級タイトルマッチ
統一王者:
ムラジャン・アフマダリエフ
×
IBF暫定王者:
岩佐亮佑


4/3UAE・ドバイ
WBOスーパーフェザー級タイトルマッチ
王者:
ジャーメル・ヘリング
×
4位、元世界2階級制覇:
カール・フランプトン


4/10アメリカ・オクラハマ州タルサ
WBOライトヘビー級王座決定戦
1位:
ジョー・スミスJr
×
2位:
マキシム・ブラゾフ

4/10アメリカ・コネチカット州アンカスビル
IBFスーパーフライ級タイトルマッチ
王者:
ジェルウィン・アンカハス
×
3位:
ジョナサン・ハビエル・ロドリゲス


4/17アメリカ・フロリダ州ハリウッド
WBOミドル級級タイトルマッチ
王者:
デミトリウス・アンドラーデ
×
2位:
リアム・ウイリアムズ


4/24アメリカ・フロリダ州キシミー
WBOフェザー級タイトルマッチ
王者:
エマヌエル・ナバレッテ
×
6位:
クリストファー・ディアス


4/24大阪・エディオンアリーナ
WBCライトフライ級タイトルマッチ
王者:
寺地拳四朗
×
1位:
久田哲也


4/30イギリス・ロンドン
IBFフライ級級タイトルマッチ
王者:
モルティ・ムザラネ
×
スーパーフライ級6位:
サニー・エドワーズ
オッズ確認、ストリーミング視聴はここから


上記のバナーからブックメーカーのサイト
に飛んで登録すれば
ボクシングもサッカーも野球もその他スポーツも
かなりの範囲でストリーミング視聴できちゃいます
興味がある人は試してもいいと思います
逆アクセスランキング
人気記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
2位
アクセスランキングを見る>>


旅する人にお勧め
最近コツコツこんな表を作ったりしてました


 
 

 

名前 保持タイトル 防衛回数 世界戦戦績 世界戦KO率 王座獲得時の戦績 王座獲得時年齢 陥落時点の戦績 王座喪失時年齢 最終戦績 王者時のノンタイトル 世界王座前の獲得タイトル 獲得した相手 奪われた相手 通算世界戦績 備考 在位日数 獲得
白井義男 世界フライ級 4 5勝0KO1敗 0% 36勝16KO5敗3分 28才 46勝18KO7敗4分 31才 46勝18KO8敗4分 6勝3KO1敗1分 日本フライ級、日本バンタム級 ダド・マリノ パスカル・ペレス 5勝0KO2敗 日本人初の世界王者 921日 1952/5/19
ファイティング原田1 世界フライ級 0 1勝1KO1敗 50% 27勝10KO1敗 19才 27勝10KO2敗 19才 55勝22KO7敗 --- 全日本新人王 ポーン・キングピッチ ポーン・キングピッチ 6勝1KO4敗 94日 1962/10/10
海老原博幸1 世界フライ級 0 1勝1KO1敗 50% 37勝21KO1敗1分 23才 38勝22KO2敗1分 23才 62勝33KO5敗1分 1勝1KO --- ポーン・キングピッチ ポーン・キングピッチ 2勝1KO4敗 127日 1963/9/18
ファイティング原田2 WBA・WBC世界バンタム級 4 5勝0KO1敗 0% 39勝17KO3敗 22才 50勝19KO4敗 24才 55勝22KO7敗 7勝2KO 世界フライ級、全日本新人王 エデル・ジョフレ ライオネル・ローズ 6勝1KO4敗 日本初の2階級制覇、ジョフレのキャリアに黒星をつけた唯一の人 1015日 1965/5/18
藤猛 WBA・WBC世界Jrウェルター級 1 2勝2KO1敗 66% 26勝21KO2敗 26才 31勝26KO3敗 28才 34勝29KO3敗1分 4勝4KO 日本jrウェルター級、東洋Jrウェルター級 サンドロ・ロポロポ ニコリノ・ローチェ 2勝2KO1敗 WBC王座は1968年8月剥奪、日本ジム所属の外国人初の世界王者 592日 1967/4/30
沼田義明1 WBA・WBC世界Jrライト級 0 1勝1敗 0% 32勝9KO4敗 22才 33勝9KO5敗 22才 44勝12KO8敗3分 1勝 東洋Jrライト級、東洋ライト級 フラッシュ・エロルデ 小林弘 5勝1KO3敗 小林弘と初の世界戦日本人対決 182日 1967/6/15
小林弘 WBA・WBC世界Jrライト級 6 6勝1KO1敗1分 12.5% 51勝8KO6敗2分 23才 61勝10KO9敗4分 26才 61勝10KO10敗4分 5勝2KO2敗1分 日本フェザー級、全日本新人王 沼田義明 アルフレド・マルカノ 6勝1KO1敗1分 WBC王座は1969年1月に剥奪、西条正三との世界王者対決 1323日 1967/12/14
西条正三 WBA世界フェザー級 5 6勝1KO1敗 14.2% 17勝3KO5敗2分 21才 29勝8KO7敗2分 24才 29勝8KO7敗2分 7勝4KO1敗 ――― ラウル・ロハス アントニオ・ゴメス 6勝1KO1敗 日本初の海外王座奪取 1070日 1968/9/27
海老原博幸2 WBA世界フライ級 0 1勝1敗 0% 61勝32KO4敗1分 29才 62勝33KO5敗1分 29才 62勝33KO5敗1分 1勝1KO 世界フライ級 ホセ・セベリノ バーナベ・ビラカンポ 2勝1KO4敗 獲得は決定戦、日本初の同階級世界王座返り咲き 203日 1969/3/30
沼田義明2 WBC世界Jrライト級 3 4勝1KO1敗 20% 39勝11KO6敗3分 24才 44勝12KO7敗3分 26才 44勝12KO8敗3分 2勝 世界Jrライト級、東洋Jrライト級、東洋ライト級 レネ・バリエントス リカルド・アルレドンド 5勝1KO3敗 王座返り咲き2人目 553日 1970/4/5
大場政夫 WBAフライ級 5 6勝3KO 50% 26勝11KO2敗1分 21才 35勝16KO2敗1分 23才 35勝16KO2敗1分 5勝4KO --- ベルベレック・チャルバンチャイ 返上 6勝3KO 世界王者のまま死亡、返上 826日 1970/10/22
柴田国明1 WBCフェザー級 2 2勝2KO1敗1分 50% 32勝21KO2敗2分 23才 35勝22KO3敗3分 25才 47勝25KO6敗3分 2勝 日本フェザー級 ヴィセンテ・サルディバル クレメンテ・サンチェス 8勝3KO3敗1分 メキシコでの王座奪取、日本2人目 525日 1970/12/11
輪島功一(公一)1 WBA・WBC世界Jrミドル級 6 6勝3KO1敗1分 37.5% 23勝20KO2敗 28才 29勝24KO3敗1分 31才 31勝25KO6敗1分 1勝1KO 日本Jrミドル級、全日本新人王 カルメロ・ボッシ オスカー・アルバラード 8勝4KO4敗1分 947日 1971/10/31
柴田国明2 WBA世界Jrライト級 1 2勝1敗 0% 38勝23KO4敗3分 25才 40勝24KO5敗3分 26才 47勝25KO6敗3分 1勝1KO WBCフェザー級、日本フェザー級 ベン・ビラフロア ベン・ビラフロア 8勝3KO3敗1分 2階級制覇2人目 219日 1973/3/12
柴田国明3 WBC世界Jrライト級 3 4勝1KO1敗 20% 41勝25KO5敗3分 26才 44勝25KO6敗3分 28才 47勝25KO6敗3分 --- WBA・Jrライト級、WBCフェザー級、日本フェザー級 リカルド・アルレドンド アルフレッド・エスカレリャ 8勝3KO3敗1分 再起戦で世界王座奪取 492日 1974/2/28
ガッツ石松 WBC世界ライト級 5 5勝3KO1敗1分 43% 27勝15KO11敗5分 24才 31勝17KO12敗6分 26才 31勝17KO14敗6分 --- OPBFライト級、全日本新人王 ロドルフォ・ゴンザレス アントニオ・デ・ヘスス 5勝3KO4敗1分 日本人初のライト級王者 758日 1974/4/11
大熊正二(小熊正二)1 WBC世界フライ級 0 1勝1敗 0% 21勝10KO2敗 23才 21勝10KO3敗 23才 38勝20KO10敗1分 ーーー --- ベツリオ・ゴンザレス ミゲル・カント 4勝7敗1分 WBC世界フライ級 99日 1974/10/1
花形進 WBA世界フライ級 0 1勝1KO1敗 50% 41勝8KO13敗8分 27才 41勝8KO14敗8分 28才 41勝8KO16敗8分 ーーー 日本フライ級 チャッチャイ・チオノイ エルビト・サラバリア 1勝1KO7敗 5度目の挑戦での世界奪取 165日 1974/10/18
輪島功一2 WBA・WBC世界Jrミドル級 0 1勝1敗 0% 30勝24KO3敗1分 31才 30勝24KO4敗1分 32才 31勝25KO6敗1分 ーーー WBA・Jrミドル、級日本Jrミドル級、全日本新人王 オスカー・アルバラード 柳済斗 8勝4KO4敗1分 再起戦でダイレクトにリベンジしての王座返り咲き 137日 1975/1/21
輪島功一3 WBA世界Jrミドル級 0 1勝1KO1敗 50% 31勝25KO4敗1分 32才 31勝25KO5敗1分 33才 31勝25KO6敗1分 ーーー WBA・Jrミドル、級日本Jrミドル級、全日本新人王 柳済斗 ホセ・デュラン 8勝4KO4敗1分 ダイレクトリベンジで3度目の王座返り咲き 91日 1976/2/17
ロイヤル小林 WBC世界Jrフェザー級 0 1勝1KO1敗 50% 21勝18KO2敗 26才 21勝18KO3敗 27才 35勝27KO8敗 ーーー ーーー リゴベルト・リアスコ 廉東均 1勝1KO4敗 ミュンヘン五輪日本代表、47日の短命王者 46日 1976/10/9
具志堅用高 WBA世界Jrフライ級 13 14勝9KO1敗 60% 9勝6KO 21才 23勝15KO1敗 25才 23勝15KO1敗 1勝1KO ーーー ファン・グスマン ペドロ・フローレス 14勝9KO1敗 9戦目は当時の最速世界奪取、13度防衛は未だに国内多防衛 1610日 1976/10/10
工藤政志 WBA世界Jrミドル級 3 4勝1KO1敗 20% 20勝11KO 26才 23勝12KO1敗 28才 23勝12KO1敗 ーーー 日本ミドル級、全日本新人王 エディ・ガソ アユブ・カルレ 4勝1KO1敗 レスリングから転向の異色王者 441日 1978/8/9
中島成雄  WBC世界Jrフライ級 0 1勝1敗 0% 13勝7KO2敗1分 25才 13勝7KO3敗1分 26才 13勝7KO5敗1分 ーーー ーーー 金性俊 イラリオ・サパタ 1勝2敗 在位3ヶ月の短命王者 81日 1980/1/3
大熊正二2 WBC世界フライ級 2 3勝1敗 0% 33勝20KO8敗1分 28才 36勝20KO9敗1分 29才 38勝20KO10敗1分 ーーー WBCフライ級 朴賛希 アントニオ・アベラル 4勝7敗1分 王座陥落後5年ぶり6度目の挑戦海外奪取で返り咲き3人目 359日 1980/5/18
上原康恒 WBA世界Jrライト級 1 2勝1KO1敗 33% 26勝21KO4敗 30才 27勝21KO5敗 31才 27勝21KO5敗 ーーー 日本Jrライト級 サムエル・セラノ サムエル・セラノ 2勝1KO2敗 ハワイでの海外王座奪取、日本人4人目の海外奪取 250日 1980/8/2
三原正 WBA世界Jrミドル級 0 1勝1敗 0% 15勝11KO 26才 15勝11KO1敗 26才 24勝15KO1敗 ーーー OPBFJrミドル級 ロッキー・フラット デビー・ムーア 1勝1敗 アメリカで決定戦を制して5人目の海外王座奪取 87日 1981/11/7
渡嘉敷勝男 WBA世界Jrフライ級 5 5勝1KO1敗1分 14% 14勝2KO1敗1分 21才 18勝3KO2敗2分 22才 19勝4KO4敗2分 ーーー 全日本新人王 金煥珍 ルペ・マデラ 5勝1KO3敗1分 具志堅の後輩で後継王者 571日 1981/12/16
渡辺二郎 WBA世界Jrバンタム級(剥奪) 6 7勝4KO 57% 15勝10KO1敗 27才 21勝14KO1敗 29才 26勝17KO2敗 ーーー 全日本新人王 ラファエル・ペドロサ 剥奪 12勝7KO2敗 WBC王者パヤオとの統一戦のリングに上がった段階で剥奪 819日 1982/4/8
渡辺二郎 WBC世界Jrバンタム級 4 5勝3KO1敗 50% 22勝14KO1敗 29才 26勝17KO2敗 31才 26勝17KO2敗 ーーー 全日本新人王 パヤオ・プーンタラット ヒルベルト・ローマン 12勝7KO2敗 633日 1984/7/5
友利正 WBC世界Jrフライ級 0 1勝2敗 0% 19勝5KO5敗 22才 19勝5KO6敗 22才 19勝5KO7敗 ーーー 日本Jrフライ級、全日本新人王 アマド・ウルスア イラリオ・サパタ 1勝2敗 短命王者 98日 1982/4/13
小林光二 WBC世界フライ級 0 1勝1KO1敗 50% 21勝15KO1敗3分 26才 21勝15KO2敗3分 26才 24勝15KO4敗3分 --- 東日本新人王 フランク・セデニョ ガブリエル・ベルナル 1勝1KO1敗 2ラウンドKOで王座奪取、初防衛戦2ラウンドKOで陥落 82日 1984/1/18
新垣諭 IBF世界バンタム級 1 2勝1KO1敗 33% 6勝5KO1敗1分 20才 8勝6KO2敗1分 21才 11勝8KO3敗1分 --- ーーー エルマー・マガラーノ ジェフ・フェネック 2勝1KO3敗 IBFバンタム級初代王者 376日 1984/4/15
浜田剛史 WBC世界Jrウェルター級 1 2勝1KO1敗 33% 20勝19KO1敗 25才 21勝19KO2敗 26才 21勝19KO2敗 --- 日本ライト級、OPBFライト級 レネ・アルレドンド レネ・アルレドンド 2勝1KO1敗 衝撃の初回奪取、奪った相手にリベンジ許す 363日 1986/7/24
六車卓也 WBA世界バンタム級 0 1勝1KO1敗 50% 25勝19KO1敗1分 26才 25勝19KO2敗1分 26才 26勝20KO3敗2分 --- 日本Jrフェザー級、全日本新人王 アサエル・モラン 朴讃栄 1勝1KO2敗分 ウィルフレッド・バスケスとドロー、理由が顔が腫れてたから負けの糞女のせい 56日 1987/3/29
井岡弘樹 WBCストロー級 2 2勝1KO1敗1分 25% 9勝5KO 18才 10勝6KO1敗1分 19才 33勝17KO8敗1分 --- 日本ストロー級 マイ・トンブリファーム ナパ・キャットワンチャイ 5勝1KO7敗1分 当時の最速タイ9戦目奪取、最年少世界王座奪取、WBC同級初代王者 392日 1987/10/18
2021/02/26 16:50 データあれこれ TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

日本人の世界戦


大阪・エディオンアリーナ
WBCライトフライ級
寺地拳四朗 VS 久田哲也


色々見るなら









WOWOWは海外のボクシング見るなら必須でしょうね
検索フォーム
google adsense
boxingjp
ボクシングJP
アクセスカウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ツイッター
階級別のウェイトと歴代王者
ポンド(lbs)とキロ(kg)の違いに関しては
1ポンド=0.45kg位で考えると分かり易い


リンクから歴代世界王者の変遷記録のページに飛べます。
200lbs~ 90.7kg~
~200lbs ~90.7kg
~175lbs ~79.4kg
~168lbs ~76・2kg
~160lbs ~72.5kg
~154lbs ~69.8kg
~147lbs ~66.7kg
~140lbs ~63.5kg
~135lbs ~61.2kg
~130lbs 58.9kg
~126lbs ~57.1kg
~122lbs ~55.3kg
~118lbs ~53.5kg
~115lbs ~52.1kg
~112lbs ~50.8kg
~108lbs ~48.98kg
~105lbs ~47.6kg









シェイプエクササウナスーツLサイズ



協栄ボクシングジム ボクサー式減量スーツ3点セット 【※このページは「LL」のみの販売です】LL






ボクシング関係書籍DVD
ボクシングマガジン


ボクシングビート



ナンバー




101%のプライド (幻冬舎文庫)



怪物 (単行本)













ボクシングパーフェクトガイド2021