FC2ブログ
スポンサー




google ad
全記事表示リンク
相互RSS
アクセス
Flag Counter

Flag Counter
6月の世界戦予定残り分
6/21アメリカ・インディオ
WBA・Sフェザー級タイトルマッチ
王者:アンドリュー・カンシオ
×
5位、前王者:アルベルト・マチャド

6/21アメリカ・インディオ
WBOライトフライ級タイトルマッチ
王者:アンヘル・アコスタ
×
15位:エドウィン・ソト


6/28アメリカ・テメクラ
IBGライト級タイトルマッチ
王者:リチャード・コーミー
×
スーパーライト級6位、元WBO王者:
レイムンド・ベルトラン


6/29アメリカ・ヒューストン
WVCミドル級暫定タイトルマッチ
暫定王者:ジャーメール・チャーロ
×
12位:ブランドン・アダムス

6/29アメリカ・プロヴィデンス
WBAスーパーフライ級タイトルマッチ
王者:カリッド・ヤファイ
×
1位:ノルベルト・ヒメネス


WBOミドル級タイトルマッチ
王者:デミトリウス・アンドラーデ
×
2位:
マシエジ・シュレツキー

オッズ確認、ストリーミング視聴はここから


上記のバナーからブックメーカーのサイト
に飛んで登録すれば
ボクシングもサッカーも野球もその他スポーツも
かなりの範囲でストリーミング視聴できちゃいます
興味がある人は試してもいいと思います
逆アクセスランキング
人気記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
3位
アクセスランキングを見る>>


旅する人にお勧め
NYで行われた
Sウェルター級のトリプルヘッダーの速報レポ


lara-gausha-weights (3)

スポンサーリンク


10/14アメリカ・ニューヨーク
WBC・Sウェルター級タイトルマッチ
王者:ジャーメール・チャーロ
×
1位:エリクソン・ルビン
charlo-lubin-weights (4)

結果:チャーロ1ラウンドKO勝ちで防衛成功


開始早々から強いパンチを打ち込む間?タイミングと距離を測ってる感じの
王者チャーロ
流人もt尾込むタイミングを探してる感じはあったが
正直何もできず。
両者が交錯したところで
チャーロの右がクリーンヒット
ルビンがダッキングしたところに
チャーロがボディを打ちにいってそれが顎にモロに入っちゃった感じ?
それでルビンはダウン
そして立ち上がれずバタバタもがいていて立ち上がれず
結局それで勝負あり

チャーロ圧勝で防衛


WBA(スーパー)Sウェルター級タイトルマッチ
王者:エリスランディ・ララ
×
8位:テレル・ガウシャ

lara-gausha-weights (7)

相変わらずララは上手い
右ジャブでコントロールしながら
異様に伸びてくる左ストレート
これがやたら入る。
この辺はポール・ウィリアムズ戦の頃から変わっとらん。
伸びる左があるからか数字以上に懐が深い。
相手にとってはやりにくいったらありゃしない。
そんな変則気味で上手いララに対して
ガウシャはいきなりの右を多用する事で対抗
ララはガウシャのその戦い方に対して
ロングレンジからのボディで対応してくる
試合は段々とララのペースになっていく。

4ラウンド、ララはガウシャが踏み込んで距離が詰まった所に
コンビネーションからの左アッパーで先制のダウンを奪う。


距離をとっての攻防だと
分が悪いと見てかガウシャはガードを固めて接近戦に持ち込んでくる。
ララはそれにも普通に対処
接近されてもララが押し気味の展開になる

ララの方も相当数クリーンヒット入れているのに
決め手には欠けてグダって長期戦になる。

ガウシャも流れを引き寄せるような一撃は入れられず
ディフェンスに回らされる時間が長くて手数でも下回る。

ガウシャは最終ラウンドに
ポイント劣勢と見たか攻勢を強めるが
結局ララの上手さに誤魔化されてしまい
劣勢を覆すにはいたら図試合終了

結果:ララ3-0判定勝ちで防衛成功
116-111、117-110、117-110



IBF・Sウェルター級タイトルマッチ
王者:ジャレット・ハード
×
11位、元WBA王者:
オースティン・トラウト
hurd-trout-weights (7)

結果:ハード10ラウンド終了TKO勝ちで防衛成功



リングを広く使って動き回りながら
いきなりのストレートを多用してくるトラウト
ジワジワと距離を詰め、接近したところでパンチをまとめてくるハード
タイプ的には対称的

序盤見る限りだと、判定ならトラウト
ハードが勝つならKOって感じになりそう

ハードが動き回るトラウトを捕まえきれるかどうか?
そんな感じの試合

トラウトは上手いし早いんだけど
ガードが顔面ほぼノーガード状態なんで
モロに貰うと一発で流れが変わっちゃいそう。
ハードは途中から相打ち上等で攻め重視へ
6ラウンド終盤にはそのハードの大きなパンチで
一瞬トラウトが腰砕けになりかける場面も・・・
(VTRで見ると足滑らせたようにも見えたけど)

黒人同士なのでよく見えにくいが
ハードはカットしてて出血が激しいみたいで
顔面真っ赤に染めながら前に出てくる。
手数有効打共にトラウトが上に見えるが
トラウトはダメージも蓄積してきてるのか
どれとも消耗が激しいのか
一発打ち込まれるとすぐにフラつくのが目につく。
中盤辺りから毎ラウンドグラつく場面があった。
ちょっとずつハードに流れが傾きつつあるような?

トラウトはカットこそないものの
右目が周辺腫れて視界が塞がりそうな感じで
10ラウンド<開始時にはドクターチェックが入った
それでもこのラウンドをノラリクラリと乗り切ったが
ラウンドインターバルにドクターが続行不可の判断を下し
レフェリーが試合をストップ

トラウトはこれで王座陥落以降世界戦4連敗
が、やられて負けたって感じでもないんで
今後に望みを繋いだ感じか?
一方のハードだがTKO勝ちでの防衛とは言え
かなり苦しんだ感があった。
つか判定までいったら負けてた可能性も少なからずあったかと・・・
2017/10/15 13:55 結果速報 TB(-) CM(3)
コメント
チャーロvsルービン、一番実力が拮抗してると思ってただけに、衝撃の結末でした
2017/10/15 14:35 つながり眉毛のチャキエフ URL [ 編集 ]
チャーロ弟がこの階級の主になっていくのか、それとも双子の兄同様ミドル級へ転じるのか気になります
2017/10/16 00:35 ド素人の名無し URL [ 編集 ]
>>つながり眉毛のチャキエフ さん
確かにあの速攻決着は予想外でしたね

>>ド素人の名無し さん
ミドル転向が可能性高そうかと
2017/10/22 17:31 管理人 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

日本人の世界戦
エディオンアリーナ大阪
WBAミドル級タイトルマッチ
ロブ・ブラント VS 村田諒太


WBCライトフライ級タイトルマッチ
拳四朗 VS ジョナタン・タコニング




武田テバオーシャンアリーナ
WBOフライ級タイトルマッチ
田中恒成 VS ジョナタン・ゴンザレス


色々見るなら









WOWOWは海外のボクシング見るなら必須でしょうね
検索フォーム
google adsense
boxingjp
ボクシングJP
アクセスカウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ツイッター
階級別のウェイトと歴代王者
ポンド(lbs)とキロ(kg)の違いに関しては
1ポンド=0.45kg位で考えると分かり易い


リンクから歴代世界王者の変遷記録のページに飛べます。
200lbs~ 90.7kg~
~200lbs ~90.7kg
~175lbs ~79.4kg
~168lbs ~76・2kg
~160lbs ~72.5kg
~154lbs ~69.8kg
~147lbs ~66.7kg
~140lbs ~63.5kg
~135lbs ~61.2kg
~130lbs 58.9kg
~126lbs ~57.1kg
~122lbs ~55.3kg
~118lbs ~53.5kg
~115lbs ~52.1kg
~112lbs ~50.8kg
~108lbs ~48.98kg
~105lbs ~47.6kg









シェイプエクササウナスーツLサイズ



協栄ボクシングジム ボクサー式減量スーツ3点セット 【※このページは「LL」のみの販売です】LL


シックスパック上下セット【Hope-Shop.NET ビューティーヘルス】


シックスパックBCAA【Hope-Shop.NET ビューティーヘルス】


※視力0.03⇒1.2※[SMART I(スマート アイ)] 眼精疲労が劇的解消!?【Hope-Shop.NET ビューティーヘルス】




ボクシング関係書籍DVD
ボクシングマガジン

ボクシングビート






101%のプライド (幻冬舎文庫)



怪物 (単行本)














その他ボクシング関係