FC2ブログ
スポンサー




google ad
全記事表示リンク
相互RSS
アクセス
Flag Counter

Flag Counter
11月の世界戦予定
11/3イギリス・グラスコー
WBSSバンタム級トーナメント1回戦
WBAバンタム級スーパータイトルマッチ
スーパー王者:
ライアン・バーネット
×
6位、元世界5階級制覇王者:
ノニト・ドネア

11/3アメリカ・エルパソ
WBC・Sフェザー級タイトルマッチ
王者:ミゲル・ベルチェット
×
1位:ミゲル・ローマン

11/10イギリス・マンチェスター
4団体統一クルーザー級タイトルマッチ
4冠王者:オレクサンデル・ウシク
×
WBC休養王者、WBO1位:
トニー・ベリュー

11/10アメリカ・シカゴ
WBSSクルーザー級トーナメント1回戦
WBOクルーザー級暫定王座決定戦
2位:クリストフ・グロワッキ
×
5位:マキシム・ブラゾフ

11/12後楽園ホール
WBC・Sバンタム級決定戦
1位:アビゲイル・メディナ
×
2位:メキシコニート


11/16アメリカ・オクラハマシティ
WBO・Sライト級タイトルマッチ
王者:モーリス・フッカー
×
1位:アレックス・サウセド

11/24アメリカ・アトランティックシティ
WBAライトヘビー級タイトルマッチ
王者:ディミトリ・ビボル
×
9位、元WBC王者:
ジアン・パスカル

11/24モナコ・モンテカルロ
WBA・Sフライ級タイトルマッチ
王者:カリド・ヤファイ
×
13位:イスラエル・ゴンザレス

11/28タイ・チョンブリー
WBAミニマム級タイトルマッチ
王者:ノックアウト・CPフレッシュマート
×
1位、前王者:
バイロン・ロハス

オッズ確認、ストリーミング視聴はここから


上記のバナーからブックメーカーのサイト
に飛んで登録すれば
ボクシングもサッカーも野球もその他スポーツも
かなりの範囲でストリーミング視聴できちゃいます
興味がある人は試してもいいと思います
逆アクセスランキング
人気記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
6位
アクセスランキングを見る>>


旅する人にお勧め
イギリスのダブル世界戦の速報レポになります

frampton-720x540 (1)

スポンサーリンク



8/18英国北アイルランド・ベルファスト
WBOフェザー級暫定タイトルマッチ
暫定王者:
カール・フランプトン
×
5位:
ルーク・ジャクソン

結果:フラプトン9ラウンドTKO勝ちで防衛成功


ガッチガチに顔面をガードしながら出て行くジャクソン
ガードが下がっていてスピード重視で攻め込むフランプトン

フランプトンは力の篭った左ボディと
ロングレンジからの右ストレートで試合を作る
3ラウンドには左フックだかでジャクソンをよろめかせる。
その後もフランプトンがスピードとパンチの的確性で上回り
優位に試合を進める、
中盤からは完全にフランプトンのワンサイド
8ラウンドに踏み込みながらの左ボディでダウンを奪い
9ラウンドにはフランプトンがダメージの大きいジャクソンに
コンビネーションを集めると
ジャクソン陣営たまらずタオルを投入

フランプトンがかなり一方的な内容で防衛に成功






WBCフライ級タイトルマッチ
王者:クリストファー・ロサレス
×
14位:
パディ・バーネス

結果:ロサレス4ラウンドKO勝ちで防衛成功



飛び込んでこようとするバーンズ
ジャブと右ストレートで迎え撃ってくるロサレス
バーンズはディフェンスが甘い感じで
1ラウンド目からチョコチョコ被弾している。
ロサレスの方は比嘉戦に比べると攻撃的な感じで、その分防御が甘いかな?
バーンズは見た感じフラフラ状態だった比嘉よりも格下な感じだ。
ロサレスが不用意な攻め方して
致命的な被弾の仕方しなければ問題なく防衛しそう(2ラウンド目終了時点の感想)
3
ロサレスが距離を詰めてショートレンジでの攻防を挑んでくる。
バーンズの方のパンチも当たりだすが
的確性ではロサレスが上か?
バーンズはこの段階で既に鼻血を出しているようで
口の上の辺りが赤くなっている。
4
下がるバーンズ。追い掛け回すロサレス
ロサレスは左ボディと左右アッパーでジワジワ削っていき
攻勢を強める。
と、飛び込んできたバーンズに打ち終わりに対して
ロサレスの右ボディアッパーが綺麗に入ると
バーンズはまず膝をつく形でダウン
そこから大の字に移行し
そのまま悶絶して立ち上がれずに試合終了

あんまり危ない場面もなくロサレスが防衛に成功
最後のボディはストマックかな?
そんなに強く入ってように見えなかったんですが
あっさりと決まっちゃいましたね。





ヘビー級10回戦
元WBA・IBF・WBOヘビー級王者:
タイソン・フューリー 
×
元世界挑戦者:
フランシスコ・ピアネタ 

結果:フューリー3-0判定勝ち
100-90、100-90、100-90


前半戦はフューリーがアウトボクシングして
ピアねたが追いかけていく展開でフューリーがポイントをピックアップ
中盤に入ってからフューリーがピアねたをロープ際に追いやって
圧し掛かってのゴリ押し戦法にチェンジした場面もあって
これはKO決着かと思われたが
その後またフューリーが安全運転に戻って
そのまま試合終了のゴングを迎える。

ピアネタの頑張りとフューリーのパワーレス?が印象に残った試合

試合後にはWBC王者ワイルダーがリングに上がってたけど

これはワイルダーのジョシュア戦が決まらないから
その前にフューリー戦を実現させようって言う
思惑でもあったんだろうか?

その辺の大人の事情も多分に関係してそうな
トラッシュトークだろうね。

フューリーはウォーレン
ジョシュアはエディ・ハーン傘下の選手だし
2018/08/19 07:14 速報レポ TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

日本人の世界戦
後楽園ホール
WBC・Sバンタム級暫定タイトル決定戦
メキシコ坊や VS アビゲイル・メディナ


色々見るなら









WOWOWは海外のボクシング見るなら必須でしょうね
検索フォーム
google adsense
boxingjp
ボクシングJP
アクセスカウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ツイッター
階級別のウェイトと歴代王者
ポンド(lbs)とキロ(kg)の違いに関しては
1ポンド=0.45kg位で考えると分かり易い


リンクから歴代世界王者の変遷記録のページに飛べます。
200lbs~ 90.7kg~
~200lbs ~90.7kg
~175lbs ~79.4kg
~168lbs ~76・2kg
~160lbs ~72.5kg
~154lbs ~69.8kg
~147lbs ~66.7kg
~140lbs ~63.5kg
~135lbs ~61.2kg
~130lbs 58.9kg
~126lbs ~57.1kg
~122lbs ~55.3kg
~118lbs ~53.5kg
~115lbs ~52.1kg
~112lbs ~50.8kg
~108lbs ~48.98kg
~105lbs ~47.6kg









シェイプエクササウナスーツLサイズ



協栄ボクシングジム ボクサー式減量スーツ3点セット 【※このページは「LL」のみの販売です】LL


シックスパック上下セット【Hope-Shop.NET ビューティーヘルス】


シックスパックBCAA【Hope-Shop.NET ビューティーヘルス】


※視力0.03⇒1.2※[SMART I(スマート アイ)] 眼精疲労が劇的解消!?【Hope-Shop.NET ビューティーヘルス】




ボクシング関係書籍DVD

ボクシングマガジン


ボクシングビート


101%のプライド (幻冬舎文庫)



怪物 (単行本)














その他ボクシング関係