FC2ブログ
スポンサー




google ad
全記事表示リンク
相互RSS
アクセス
Flag Counter

Flag Counter
4月の世界戦予定
4/12アメリカ・LA
WBAスーパー/WBOライト級統一タイトルマッチ
WBAスーパー王者/WBO統一王者:
ワシル・ロマチェンコ
×
WBA1位、元WBA王者:
アンソニー・クローラ


4/13メキシコ・モンテレー
WBO・Sウェルター級タイトルマッチ
王者:
ジェイミー・ムンギア
×
1位:
デニス・ホーガン


4/20アメリカ・NY・MSG
WBOウェルター級級タイトルマッチ
王者:テレンス・クロフォード
×
2位:アミール・カーン


4/20アメリカ・カーソン
WBA・Sバンタム級暫定王座決定戦
2位:ブランドン・フィゲロア
×
5位:ヨアンフレス・パレホ


4/25タイ・チョンブリー県 ⇒ 5/31に再延期
WBCミニマム級タイトルマッチ
王者:ワンヘン・メナヨーシン
×
6位:福原辰弥


4/26アメリカ・イングルウッド
WBA/IBF・Sバンタム級級タイトル統一戦
WBA王者:ダニエル・ローマン
×
IBF王者:TJ・ドヘニー


WBC・Sフライ級タイトルマッチ
王者:シーサケット・ソー・ルンビサイ
×
1位、元WBA/WBOフライ級王者:
ファン・エストラダ


4/27アメリカ・ラファイエット
WBSS・Sライト級準決勝
WBA・Sライト級タイトルマッチ
WBCダイアモンドSライト級タイトルマッチ
WBA王者:キリル・レイクフ
×
WBCダイアモンド王者:
レジス・プログレイス


4/27アメリカ・ラスベガス
WBAライト級王座決定戦
2位、元IBF王者:
ランセス・バルテレミ
×
3位、元IBF王者:
ロバート・イースター


4/27アメリカ・ラスベガス
WBSSバンタム級準決勝
WBAスーパー/WBOバンタム級タイトル統一戦
WBAスーパー王者:
ノニト・ドネア
×
WBO王者:
ゾラニ・テテ

テテが負傷で脱落
オッズ確認、ストリーミング視聴はここから


上記のバナーからブックメーカーのサイト
に飛んで登録すれば
ボクシングもサッカーも野球もその他スポーツも
かなりの範囲でストリーミング視聴できちゃいます
興味がある人は試してもいいと思います
逆アクセスランキング
人気記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
2位
アクセスランキングを見る>>


旅する人にお勧め
スーパーフライ3他の速報レポ

iokaarroyo.jpg

スポンサーリンク


9/8アメリカ・イングルウッド
Super Fly 3
WBO・Sフライ級タイトル決定戦
1位:ドニー・ニエテス
×
2位:アストン・パリクテ


井岡と同じでミニマム級から徐々に上げてきただけあって
ニエテスは身体が一回り小さく見える

が地力ではニエテスが圧倒的か?
ニエテスの飛び込みながらの右(ボディとストレート)がよく当たる。
ニエテスがサイドに動いてリングを広く使ってのらりくらりと
上手く戦ってるのに対してパリクテの攻撃は直線的で空転気味
不用意な攻めでカウンターの直撃とかがなければ
ニエテスがポイントをピックアップしていきそうだ。
中盤からパリクテがニエテスの飛び込みながらの右に
パンチを合わせて止めようと試みるが
ニエテスは左の比率を高めて対応
以降も山場のない淡々とした展開
ニエテス優勢は保つものの
倒せそうもない
そしてそのまま判定決着
ニエテス4階級制覇濃厚
と、思ったら・・・

結果:1-1ドロー
116-112パリクテ、118-110ニエテス、114-114ドロー


正直普通に疑惑の判定
観客からも判定の瞬間ブーイング出てたよ。

そして井上尚弥返上の王座の後継王者決まらず



WBC・Sフライ級指名挑戦者決定戦?
WBC1位:
ファン・フランシスコ・エストラーダ
×
WBC7位:
フェリペ・オルクタ


試合序盤はエストラーダの出入りしながらの
ボクシングがペースを掴むも
オルクタがアグレッシブなスタイルで盛り返して
一進一退の接戦に
後半戦に入るとエストラーダがまた出て行きだして
優勢になりかけるも
オルクタもアッパー、ボディ等をヒットさせて反撃
こちらも譲らない。
手数でエストラーダ、クリーンヒットでオルクタ
の印象のまま試合終了

印象的にはエストラーダ若干優勢?
位だったんだけど
想像以上に大差ついてた
でもエストラーダ強いって印象は残らなくて
メキシコ版激闘王だなって感じでしたw

結果:エストラーダ3-0判定勝ち
118-110、117-111、117-111




WBCシルバーSフライ級タイトルマッチ
王者、WBC3位:マックウィリアムズ・アローヨ
×
WBA2位:
井岡一翔


1
井岡一翔の米国デビュー戦は
気負いすぎなのか自分から飛び込んでいって
ボディを中心に接近戦を選択
アローヨのアッパーが怖いものの
左ボディのコンビはよく当たる。
2
アローヨが圧を強める。
井岡も負けじと対抗
右も出しだした。
パパ一法が客席で応援してるの抜かれてたけど
関係修復したんか?
3
このラウンドも両者よく手を出し合う展開。
ラウンド終了の直前に井岡のワンツーからの右ストレートが
綺麗に入りアローヨが尻もちをつくダウン
立ち上がるとほぼ同時にラウンド終了で追い討ちはかけられず
4
井岡がプレスと攻勢を強める。
アローヨが下がり、井岡が前に出て攻める展開に
この辺は完全に井岡のペース
5
井岡のしつこい左ボディフック攻勢
たまに右ボディ
基本ジャブとボディばっか
ちょっとアローヨの右顔面が腫れてきたのか紅潮しだしてる。
ゴング直前にアローヨの連打の最後の右が入っちゃったけど
この辺ちょっと不安要素かな?
6
積極的に打って出てくるアローヨに対して井岡は
ボディのコンビネーションと右ストレートで対抗
左ジャブ、左ボディに比べて右は雑で的中率が低いような?
7
井岡はちょっと消耗が激しいのか
ラウンドインターバルの時の表情が厳しいね
このラウンドも井岡のボディ攻勢が有効
やはり井岡の場合左のボディが生命線になってるねぇ
アローヨはちょっと焦りが出てきてる?
ラウンド終了の時に顔突き出してメンチ切るような仕草が・・・
8
井岡の左ボディでアローヨも大分ダメージが蓄積してきたのか
アローヨは左ボディを相当警戒してる感じ
逆に右はガード下げても上体の動きだけで避けられると見たのか
左を攻撃優先にしてガードが甘くなってきてる
まあ、確かに井岡の右当たってないんですけどね
9
井岡は少し右のパンチの比率は上がってきたか?
それもで左のパンチが主武器なのは変わらず
左のボディから展開作ったり
左のフックでアローヨを腰砕けにしたりと
かなりいいね
10
あっと言う間に最終ラウンド
HBOの実況陣は井岡大差リードと見てるが
ジャッジの採点はどうなのか?
終盤アローヨはディフェンスを捨てて攻めを強める。
井岡のボディは相変わらず有効なんだが
上への攻撃があまりに当たってないわ。
ダウンは奪ったし最低限のノルマはこなしたと思うけど
井上がスーパーフライ1でアメリカに残したインパクトに比べると
ボディ攻撃中心過ぎて地味だわ

結果:井岡3-0判定勝ちでシルバータイトル獲得
99-90、97-92、97-92



左はいいんだ左は。十分すぎる位に通用してる。
そして左に比べて右が弱いというか当たらない。
この辺修正しないと4階級は厳しいだろうね。







9/8アメリカ・ニューヨーク
WBCウェルター級タイトル決定戦
1位、元王者:
ダニー・ガルシア
×
2位、元IBF王者:
ショーン・ポーター


序盤はガルシアがいいパンチを当てて先制してチャンスを作る
前半終わりから一進一退
ガルシアは7ラウンドにバッティングで頭つきを喰らってから
暫く見映えのよくないラウンドが続いて中盤苦しんだが、終盤に息を吹き返す。
そこからどっちもどっちの内容だったものの
若干ポーターが優位に試合を運ぶ?
なんかガルシアはポーターのボディを嫌がってるように見えた。
そして最終ラウンド
ポーターがボディを打ちまくり
ガルシアもボディで対抗
手数でポーターと見えたがガルシアはラウンドの後半に盛り返す。
そして打って打たれての12ラウンド終了で
勝敗を判定に委ねる事に・・・

手数でポーター、パワーパンチをクリーンヒットさせて印象に残したのはガルシア
が判定は

結果:ポーター3-0判定勝ちで王座獲得
116-112、115-113、115-113


ポーターが接戦をものにしました。
試合後のリングにはIBF王者エロル・スペンスがリングイン
ポーターが統一戦を呼びかけてました。



WBC9位、前IBF王者:
チャールズ・マーティン
×
WBC10位IBF12位: 
アダム・コウナツキー

結果:コウナツキー3-0判定勝ち
96-94、96-94、96-94


スピードはなくディフェンスもザルな
プロレスラー体型のコウナツキー
しかしプレッシャーとパワーは凄いのか
マーティンは上手さ早さで明確に上回り
パンチを入れても効いた様子を一向に見せずに
前進してくるコウナツキーに苦戦を強いられる。

途中互いにいいパンチを貰ってトラブルに陥る場面がありながらも
結局ダウンなく試合終了


2018/09/09 13:47 速報レポ TB(-) CM(3)
コメント
いや〜今回は素直に始めて井岡応援しました。
良かったですね井岡は!
4階級制覇してほしいです。
ただお決まりの王座決定戦は辞めて欲しいです。
2018/09/09 18:05 イオカメダ URL [ 編集 ]
井岡は次回世界挑戦してもしなくても、安全運転出来る相手はいない。という点でスーパーフライ戦線で更なる深みに入って行くなら評価できること。

ウェルター戦線もトップレベルはどういう組合せでも好カードになりそう。尚、試合後の記者会見はポーターが来るまではスペンスの独演会みたいでした(途中ブローナーが飛び入りしていたけど)
2018/09/09 19:12 S.O.B URL [ 編集 ]
>>イオカメダ さん
今回の出来自体は凄くよかったと思うけど
確実に勝てるかどうかって話しになると
かなり微妙かと

>> S.O.Bさん
ウェルター戦線はまた面白くなりましたね
2018/09/19 01:58 管理人 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

日本人の世界戦
タイ
WBCミニマム級タイトルマッチ
ワンヘン・メナヨーシン VS 福原辰弥



アメリカ・ストックトン
IBF・Sフライ級タイトルマッチ
ジェルウィン・アンカハス VS 船井龍一



後楽園ホール
IBFフライ級タイトルマッチ
モルティ・ムザラネ VS 黒田雅之



神戸
IBFライトフライ級タイトルマッチ
フェリックス・アルバラード VS 小西怜也



中国
WBAライトフライ級タイトルマッチ
カルロス・カニザレス VS 木村翔

WBAフェザー級タイトルマッチ
シュー・チャン VS 久保隼



色々見るなら









WOWOWは海外のボクシング見るなら必須でしょうね
検索フォーム
google adsense
boxingjp
ボクシングJP
アクセスカウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ツイッター
階級別のウェイトと歴代王者
ポンド(lbs)とキロ(kg)の違いに関しては
1ポンド=0.45kg位で考えると分かり易い


リンクから歴代世界王者の変遷記録のページに飛べます。
200lbs~ 90.7kg~
~200lbs ~90.7kg
~175lbs ~79.4kg
~168lbs ~76・2kg
~160lbs ~72.5kg
~154lbs ~69.8kg
~147lbs ~66.7kg
~140lbs ~63.5kg
~135lbs ~61.2kg
~130lbs 58.9kg
~126lbs ~57.1kg
~122lbs ~55.3kg
~118lbs ~53.5kg
~115lbs ~52.1kg
~112lbs ~50.8kg
~108lbs ~48.98kg
~105lbs ~47.6kg









シェイプエクササウナスーツLサイズ



協栄ボクシングジム ボクサー式減量スーツ3点セット 【※このページは「LL」のみの販売です】LL


シックスパック上下セット【Hope-Shop.NET ビューティーヘルス】


シックスパックBCAA【Hope-Shop.NET ビューティーヘルス】


※視力0.03⇒1.2※[SMART I(スマート アイ)] 眼精疲労が劇的解消!?【Hope-Shop.NET ビューティーヘルス】




ボクシング関係書籍DVD
ボクシングマガジン

ボクシングビート






101%のプライド (幻冬舎文庫)



怪物 (単行本)














その他ボクシング関係