FC2ブログ
スポンサー
google ad
全記事表示リンク
相互RSS
アクセス
Flag Counter

Flag Counter
2月の世界戦予定
2/1メキシコ・グアダルーペ
IBFミニマム級タイトルマッチ
王者:ペドロ・タドゥラン
×
ライトフライ級WBC2位WBO1位IBF1位:
ダニエル・バジャデラス


2/7パナマ・パナマシティ
WBAライトフライ級暫定王座決定戦
1位:ダニエル・マテヨン
×
3位:エリック・オマール・ロペス

WBAフライ級暫定王座決定戦
4位:ロべル・バレラ
×
6位:ルイス・コンセプシオン


2/8アメリカ・ペンシルベニア州アレンタウン
WBCフェザー級タイトルマッチ
王者:ゲイリー・ラッセルJr
×
1位:ツグスソグ・ニヤンバヤル

WBAバンタム級レギュラー王座決定戦
1位:リボリオ・ソリス
×
2位:ギレルモ・リゴンドー


2/8ウクライナ・キエフ
WBAフライ級タイトルマッチ
王者:アルテム・ダラキアン
×
12位:ジョスベル・ペレス


2/8パナマ・パナマシティ
WBOミニマム級タイトルマッチ
王者:ウィルフレッド・メンデス
×
14位:ガブリエル・メンドサ


2/15アメリカ・テネシー州ナッシュビル
IBFスーパーミドル級タイトルマッチ
王者:カレブ・プラント
×
3位:ビセンテ・ファイゲンブース


2/22アメリカ・ネバダ州ラスベガス
WBCヘビー級タイトルマッチ
王者:デオンテイ・ワイルダー
×
1位:タイソン・ヒューリー

WBOスーパーバンタム級タイトルマッチ
王者:エマヌエル・ナバレッテ
×
5位:ジェオ・サンティシマ


2/29アメリカ・テキサス州フリスコ
WBCフライ級タイトルマッチ
王者:フリオ・セサール・マルチネス
×
7位:ジェイ・ハリス

WBAスーパーフライ級タイトルマッチ
王者:カリッド・ヤファイ
×
2位:ローマン・ゴンサレス
オッズ確認、ストリーミング視聴はここから


上記のバナーからブックメーカーのサイト
に飛んで登録すれば
ボクシングもサッカーも野球もその他スポーツも
かなりの範囲でストリーミング視聴できちゃいます
興味がある人は試してもいいと思います
逆アクセスランキング
人気記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
5位
アクセスランキングを見る>>


旅する人にお勧め
年内最後になる海外での世界戦の速報レポ


tank-gamboa.jpg
pascal-jack.jpg

12/28アメリカ・アトランタ
WBAライトヘビー級タイトルマッチ
WBCシルバー・ライトヘビー級タイトルマッチ
王者:ジアン・パスカル
×
11位:バドゥ・ジャック

1
ジャブ、飛び込みながらのストレート、フックなどを積極的にはなっていくパスカル
ガードを固めて防ぎながら機を待つジャック
2
このラウンドはジャックが先に仕掛け
打ち終わりをパスカルが狙ってくる展開
ちょっとパスカルのパンチが荒っぽい。
空振りで勢い余って一回転しちゃう位にブン回してる。
3
ジャックはかなりガードを意識して
打ち終わりの引き際にも気をつかってえう感じ。
逆にパスカルはハンドスピードと打ちやすさ重視なのか
ガードは両方とも低くして顔面空き気味
4
先ず先制したのはジャック
連打を集めてパスカルをロープ際に追い込んできて
パスカルは必死の形相でクリンチに逃れに行く場面もあった。
しかしパスカルがが後半に息を吹き返す。
ラウンド終盤には見日のオーバーハンドで効かせてダウンを奪う。
再開後追撃する時間はなくラウンド終了
5
このラウンドのパスカルはボディに狙いを定めたのか
左右のボディをジャック沢山打ち込んでいた。
6
ジャックはダメージが回復したのか
足を使いだしてきた
このラウンドは両者に良いボディがあった。
7
右はほとんどボディブローに偏重気味のパスカル
8
共にボディを打ち合う両者
優勢気味に進めたたのはジャックか?
このラウンド再三いいパンチをパスカルに集めていた
9
パスカルはボディだけではなく
下から上に返すコンビネーションを織り交ぜてきた。
このラウンドはパスカルが優勢に進め、ジャックは受けに回り気味だった。
10

ジャックが仕掛ける
打ち終わりに大きいのを返してくるパスカル。
双方譲らない。
11
ストレート系のパンチを多用するジャック
距離を詰めてのフック系が主のパスカル
アッパーは共に少ない。
12
ラウンド開始早々にジャックの右打ち下ろしがクリーンヒット
丁度パスカルが頭を低くしたところだったのでまさに直撃
これで効いちゃったパスカル追撃を貰って大ピンチ
なんとか打ち返しに行くも空振りの勢いのままキャンバスにタッチ
これがダウンと判断されここにきて痛恨の失点。
ラウンドの残り時間も多かっただけに
かなり厳しいかと思われたがパスカルはここをこらえ切って
そのまま試合終了のゴングまで共に打ち合って試合終了
ジャック陣営は勝利を確信したかのうように大騒ぎ
一方パスカル陣営渋い顔

雰囲気的には王座交代濃厚かなーって感じだったが採点の結果は・・・

114-112ジャック
114-112パスカル
114-112パスカル
結果:2-1判定勝ちでパスカル防衛成功

試合後オアスカルが抱えてたベルトがWBCのものだったので
なんか謎だなーと思ったら
この試合実はWVCシルバーの試合でもあったらしい。








WBAライト級王座決定戦
1位、前WBAスーパーフェザー級王者:
ゲルボンタ・デービス
×
2位、元3階級制覇王者:
ユリオルキス・ガンボア

結果:デービス12ラウンドTKO勝ちで2階級制覇達成


1
自信満々に打ってくデービス
右が先にガンボアの顔面を捉えいいスタート
しかし、ガンボアもさるもの
要所でディフェンスの技術を見せつける
2
デービスが冷静に攻める
ガンボアが回避と共に不用意に前に踏み込んだところに
コンパクトな左アッパーを合わせたわせて先制のダウンを奪取
そこで一気に試合を決めさせないガンボアも大したものだが
ペースは完全にデービスのペースに。
ラウンドインターバルにガンボアが左足の異変を感じたかなにやらチェックが入る。
特に問題なく再開されたが嫌な感じ
3
攻め込むデービス
ガンボアはカウンター狙いの待ちのボクシングにシフト
4
ボディワークで回避しながらカウンターを狙うガンボア
顔面になかなか当たらないデービスはボディを狙う。
このラウンドのインターバルもガンボアのセコンドは左足を何やらケア
深刻なアクシデントじゃないといいけど。
5
デービスの左アッパー、左フックのタイミングが合ってきた。
ガンボアヴボディワークだけじゃ対処できなくなってきてる。
何回かガクッとしかけてクリンチで逃れていた。
6
仕留めにかかるようにジワジワと迫るデービス
ジャブで県政しつつ、いきなりの右を売ったりして
どうにかデービスを懐に入れまいとするガンボア
デービスの方はかなりやりたい放題になってきてる
7
ボディで削って上に返してくるデービス
右の一発にかけるようにいきなりの右を多用するガンボア
このラウンドは少しだけガンボアが立て直しができた印象
8
デービスが下がってガンボアが前に出てプレッシャーをかける展開
ラウンド半ばを過ぎた辺りでデービスがエンジンをかけ直し
前に出てきだす。
そしてラウンド終盤距離を詰めてくるガンボアに対して
デービスが下がりながらの左フックで顎を打ち抜きこの試合2度目のダウンを奪う
立ち上がったところでラウンド終了
9
ダメージが抜けておらずクリンチ多用のガンボア
仕留めにいきたいデービス
ガンボア執念のクリンチ戦法が勝りガンボア生き残る
10
出ていくガンボア、動き回るデービス
2分にかかろうかと言う頃にこの試合初と言っていい位の
ガンボアの目の覚めるような右がクリーンヒット
これで怒ったのかデービスがここから反撃
11
クリンチ・抱きつき戦法に出るガンボア
迎え撃つデービス
12
打ち合いにいくデービス
ヒット&クリンチのガンボア
ここのまま試合終了まで持ち込みたいガンボアだが
デービスの飛び込みながらの左アッパーカットで
この試合3度目のダウン。
レフェリー少しガンボアの様子を見た後ノーカウントで試合をストップ
ガンボアもその後すぐ立ち上がっていたし
意識も飛んでた感じじゃなかったし
即ストップしなくてもよかった気はするけどねぇ

ガンボアのディフェンスが良かったのかもしれないけど
スーパーフェザー級時代程圧倒的なパワーは感じられなかった。
ひょっとして階級の壁かなー?


2019/12/29 14:46 速報レポ TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

日本人の世界戦
タイ・ナコンサワーン
WBAミニマム級王タイトルマッチ
ノックアウト・CPフレッシュマート VS 田中教仁


後楽園ホール
WBOフライ級王座決定戦
ジーメル・マグラモ VS 中谷潤人


アメリカ・ラスベガス・マンダレイベイ
WBA/IBF/WBOバンタム級王座統一戦
井上尚弥 VS ジョンリエル・カシメロ
色々見るなら









WOWOWは海外のボクシング見るなら必須でしょうね
検索フォーム
google adsense
boxingjp
ボクシングJP
アクセスカウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ツイッター
階級別のウェイトと歴代王者
ポンド(lbs)とキロ(kg)の違いに関しては
1ポンド=0.45kg位で考えると分かり易い


リンクから歴代世界王者の変遷記録のページに飛べます。
200lbs~ 90.7kg~
~200lbs ~90.7kg
~175lbs ~79.4kg
~168lbs ~76・2kg
~160lbs ~72.5kg
~154lbs ~69.8kg
~147lbs ~66.7kg
~140lbs ~63.5kg
~135lbs ~61.2kg
~130lbs 58.9kg
~126lbs ~57.1kg
~122lbs ~55.3kg
~118lbs ~53.5kg
~115lbs ~52.1kg
~112lbs ~50.8kg
~108lbs ~48.98kg
~105lbs ~47.6kg









シェイプエクササウナスーツLサイズ



協栄ボクシングジム ボクサー式減量スーツ3点セット 【※このページは「LL」のみの販売です】LL






ボクシング関係書籍DVD

ボクシングマガジン 2020年 03 月号 [雑誌]
ボクシングマガジン


BOXING BEAT(ボクシング・ビート) (2020年3月号)

ボクシングビート



ナンバー




101%のプライド (幻冬舎文庫)



怪物 (単行本)













2020世界ボクシングパーフェクトガイド (B.B.MOOK1474)